落石防護網工・落石予防工|落石対策工|斜面防災 | アマノ企業株式会社

中国地方・近畿地方の法面・防災工事、土木工事ならアマノ企業株式会社にお任せください。

icon_l_03.png落石対策工

落石防護網工

小規模の落石が発生しやすい斜面または岩盤から剥落しやすく、落石に危険性がある斜面に適しています。落石の発生、危険が予測される斜面を網とワイヤーロープにて覆い、落石の発生を防護するとともに、万一落石が発生した場合には、落石を跳躍させず、斜面、法面に沿って落とします。

覆式落石防護網工

image001.jpg覆式落石防護網工は、落石の危険性のある法面または斜面岩塊を金網とワイヤロ-プで覆うことで、落石災害を防ぐ事を目的としています。また柔軟構造を活かし、落下する岩塊を安全に法尻まで誘導します。

ポケット式落石防護網工

image003.jpgポケット式落石防護網は、覆式の効果のほか、金網上部を支柱にて「開口部(ポケット)」を形成し上部斜面からの落石にも対応する事を目的としています。そのため、高所で発生した落石に対応、捕捉可能です。

落石予防工

斜面上の浮石、転石が落下しないよう安定化抑制させるのを目的とします。
直接発生源に対して実施します。

ワイヤーロープ掛工

image005.jpg浮石や転石が滑動や転落しないように格子状にしたワイヤーロープを用いて直接覆ったり、掛けたりして斜面上に固定させます。またロープ間より抜け落ちが予測される場合には、金網を併用します。

接着工・根固工

image007.jpg接着工は、落石崩壊危険個所での剥離型の場合に接着剤を用いて防止します。
根固工は、斜面上で除去できない浮石に対して支えとして石積工をつくり、これにより浮石の基部を固定します。これらともに景観を損なわないことより観光地等の景観保全地域にて多く実施されます。




巨大岩塊固定工法

P4110021.JPG今まで数トンが限界とされてきた落石予防工法ですが、従来の数十倍以上の1,000t以上の岩塊落下、岩盤の崩落の防止を実現しました。
•1,000t以上の岩塊に対応できます。
•部材と機械が軽量なので、施工が容易で工期も短い。
•立木の伐採、斜面整形は必要なく自然を大切にします。
•国土交通省NETIS登録番号:HR-040014-V



情報サイト

新落石研究会:http://n-ra.jp/method/big.html

施工実績

巨大岩塊固定工法

P4110025.JPG

発注
岡山県
施工地
岡山県真庭市
施工時期
平成26年

image_kyogan.jpg↑クリックで拡大します

発注
広島県
施工地
広島県庄原市東城町
施工時期
平成22年