本文へ移動

工事 橘高 遥威

人々の『当たり前の生活』を守る仕事

橘高 遥威
 
Q. 自己紹介をしてください。

【入社】 2019年4月
【学科】 人間文化学科
【出身】 広島県
【業務】 施工管理補佐
【趣味】 
・キャンプ
焚火の音に癒されます。この会社ではアウトドアが趣味の人も多いです。
・ファッション
休みの日には好きな服を着て町へ出かけたり、キャンプをするのが楽しみです。
・読書
雨の日はもちろん、キャンプの時にも本を持ち歩いています。
最近では、渋沢栄一の『論語と算盤』を読んでいます。
 
 
Q. 仕事に取り組む姿勢や、仕事のやりがいを教えてください。
一つの工事の完成の立ち会うと、やりがいを感じます。
この仕事では、工事の始まりから完成までの過程に携わることができます。一つ一つの現場にそれぞれ違った特徴や苦悩、努力や工夫があり、その先に工事の完成があります。未熟ながら工事を手伝い、完成した瞬間の達成感は言葉では言い表せないものがあります。
今は業務の中で自分の未熟さを痛感する日々ではありますが、一日でも早く「この現場に携わった」ではなく、「この現場は自分が管理した」と胸を張って言えるよう仕事に取り組んでいこうと思っています。
 
 
Q. この会社の魅力はどこですか?
日々の業務が、地域社会への貢献に直結していることです。
土砂災害などを防止する目的で工事をすることもあれば、災害復旧工事を施工することで、通れなかった道路が通れるようになることもあります。道路を広げる工事の一環として、法面保護を行うこともあります。仕事すべてが、その地域に住む人々の生活を支えることであり、地域貢献といえると思います。
また、わからないことなどを親切に教えてくださる先輩、上司の方が大勢いることもこの会社の魅力と言えます。
 
 
▼就職を考えている方にメッセージ▼

自分は、就職活動をしてこの会社を知り、初めて「法面」という言葉を知ったほど、まったくの専門外から入ってきた人間です。就職してしばらくの間は、今までの人生では見たことも聞いたこともないようなものや言葉の中での日々でした。しかし、この法面保護というものは、確かに意識してみなければ気にも留めないような物ですが、注意深く探してみれば、実は至る所で目にするものであることに気が付くと思います。その一つ一つが、人々の生活を支え、守るものです。
人々の「当たり前」を守ることを仕事にしてみませんか。一緒に働ける時を楽しみにしています。
 
 

1日のスケジュール

8:00
仕事開始
少し早めに現場へ到着し、先輩と当日の作業内容を話し合います。
朝礼でラジオ体操、作業員さんと打ち合わせ等を行います。
9:00
現場作業開始
先輩に指示された現場管理(工事写真、出来形品質等)を実行します。
10:00
休憩
10時に休憩をします。休憩後は引き続き作業をします。
12:00
昼休憩
昼食後は、昼寝等をして、午後からの業務に備えます。
13:00
打ち合わせ
午後及び明日の作業内容について打ち合わせをします。
15:00
休憩
15時に休憩をします。休憩後は引き続き作業をします。
17:00
現場作業終了
少し前に現場の片付けを始めます。現場をきれいにして、次の日の準備等も行います。その後は、必要に応じて写真整理等書類の手伝いをします。
18:00
業務終了
書類等、仕事が一段落したら帰宅します。書類がなければ先に帰らせてもらうこともあります。業務終了時間は、業務状況により様々です。
 募集要項・応募フォームはこちら
採用に関する情報、お問い合わせはこちらからご覧ください
TOPへ戻る