本文へ移動

マザーソイル

森林表土利用工

埋土種子を活用し、現地植物による植生を復元します。

概要

マザーソイル(森林表土利用工)
周辺の自然植生を復元することにより、地域の自然形態の保全を図ろうとするニーズがたかまっています。この工法は、施工予定地やその付近から採取した森林表土を利用し、その中に含まれる埋土種子集団(表土シードバンク)や土壌微生物によって自然植生を復元します。

特徴

  • 在地植物で緑化する。
  • 植物の多様性を保全する。
  • 植生の遷移を促進する。
表土(H層~A1層)を選択的に吸引採取することにより、林床を荒らすことなく、埋土種子密度の高い森林表土を集めます。
TOPへ戻る