本文へ移動

スロープガードフェンスタイプLE

崩壊土砂防護柵

補足時のネット変形量が小さい変形抑止型防護柵

概要

スロープガードフェンスタイプLEは、道路際や民家裏で崩壊土砂を受け止める待ち受け型の鉛直式崩壊土砂防護柵です。支柱間に設置したパネル式ワイヤネットと金網で土砂の流出を防ぎます。
スロープガードフェンスタイプLE

特徴

  • 軟弱な地盤でも地盤改良が必要ない上部・基礎一体型の構造
  • 高性能パネル式ワイヤネット - 土砂のすり抜けを防ぐ
  • 国土交通省NETIS登録番号 HR-100008-VR
  • 対応落石エネルギー(~300kJ)改訂版「落石対策便覧」における性能検証の条件に適合
  • パネル式ワイヤメッシュネットは1パネルごとの取り外しが可能な構造になっているため、崩壊土砂の発生によりフェンスに土砂が堆積した際に、土砂排出などの維持管理作業を簡単に行うことができます。

情報サイト

TOPへ戻る